国内旅行半額補助の申請方法は?現金でもらえる?7月は早いとの声も!

国内旅行半額補助の申請方法【GOTOキャンペーン】

2020年5月25日に緊急事態宣言が解除されました。

それに伴い、政府は国内旅行半額補助などの景気改善対策【Go to キャンペーン】の指針を打ち出しました。

ネットの反応を見ると、時期が早くないかといった心配の声もあるようです。

今回は、

・国内旅行半額補助の申請方法は?

・国内旅行半額補助は現金でもらえる?

・国内旅行半額補助の7月は早い?

・国内旅行半額補助なら甲子園やインハイ復活はないの?

について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

7月下旬に国内旅行半額補助を実施【Go to キャンペーン】

政府の需要喚起策「GO TO キャンペーン」の内容です。

政府は25日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けている観光業や飲食業向けの需要喚起策について、7月下旬から実施する方針を固めた。国内旅行の代金の補助や飲食店で使えるクーポン券などに計約1・7兆円の予算を確保しており、業績の回復につなげる。 

Go Toトラベルでは、国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援。上限は宿泊が1人1泊あたり2万円、日帰り旅行は1万円で、連泊制限や利用回数の制限は設けない。

支援額のうち、7割程度は旅行代金の割引に、3割り程度は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与する。開始時期については、感染症専門家の意見をもとに検討していく。

※ヤフーニュースより

スポンサーリンク

国内旅行半額補助の申請方法は?【Go to キャンペーン】

国内旅行半額補助の申請方法は発表されていません。

また、旅行代金の領収書、レシートを添付して申請書によって申請するのでしょうか。

旅行会社を通して予約したら補助の対象になるのかそのあたりも気になりますね。

たしかに10万円給付金のように受け取るまでに時間がかかるようでしたら、元値を下げて頂けると助かりますし、手続き不要で楽ですよね。

スポンサーリンク

国内旅行半額補助は現金でもらえる?【Go to キャンペーン】

国内旅行半額補助は現金でもらえるかについては公表されていません。

旅行券より、現金の方が税金がかからないのであれば現金の方がいいですね。

旅行代金の内訳は主に以下があると思いますが全てに適用されるか気になりますね。

・宿泊費

・交通費

・食事代

・お土産代

スポンサーリンク

国内旅行半額補助の7月開始は早い?

ネットでは国内旅行半額補助について歓喜の声とともに時期が早いのではないかと心配の声が上がっているようです。

時期が早いと考えられる理由として以下が挙げられそうです。

・ワクチンがまだできてないので県外移動により第二波が心配。

・アベノマスクの配布や10万円給付金の申請書がまだ届いてないのでこちらを優先して欲しい。

スポンサーリンク

国内旅行補助開始で甲子園やインハイの開催復活を望む声も!

国内旅行補助で県外移動を推進するなら甲子園やインハイを無観客でも開催できたのではないかといった声も挙がっています。

旅行も「密」になることが予想されますね。

甲子園やインハイを無観客でなら、条件的には旅行とそんなに変わらないと思いますよね。

安倍総理の会見では言及がなかったので、復活は難しいと思いますが、専門家の意見で明らかにして欲しいですね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください