服部恭太の生い立ちが悲惨「生まれつき発達障害」京王線刺傷事件

服部恭太は京王線の国領駅で刺傷事件を起こしました。服部恭太の生い立ちについて調査していきます。服部恭太の生い立ちを調査したところ服部恭太には生まれつき発達障害の特徴があることが判明。

【関連記事】

服部恭太フェイスブック「友達いない陰キャ」

服部恭太の高校「パーフェクトヒューマン」

服部恭太の生い立ち「生まれつき発達障害」

服部恭太は京王線で刺傷事件を起こした動機について「人間関係がよくなかった」と話しています。

また、服部恭太は子供の頃から友達が少なく関係作りが苦手だったと生い立ちも報道されています。

服部恭太は生まれつき発達障害の可能性があります。発達障害の特徴として生まれつきの脳の障害のために言葉の発達が遅く、対人関係が苦手なことが挙げられます。

服部恭太の生い立ちを調査すると、学生時代だけでなく、就職後も介護やネットカフェなど職を転々としており、仕事が続かないといったようなことも発達障害に当てはまる特徴となっています。

服部恭太の生い立ち

服部恭太は相手の表情や雰囲気を感じるのが苦手でした。

相手の期待に沿って行動することが苦手な服部恭太。結果、少しずつストレスや鬱憤が溜まってしまったことも事件の動機に繋がっているでしょう。

服部恭太の生い立ち「父親の蒸発で適応障害」

服部恭太の生い立ちを調査したところ、服部恭太の父親は役者だったと報道されています。

服部恭太の父親って売れない役者だったらしい。服部恭太が生まれて生活が出来ないからって蒸発したって話。

売れない役者だった服部恭太の父親のストレスのはけ口は家族に対してでした。服部恭太の生い立ちは父親のせいで悲惨なものでした。

自宅にいれば母親と父親が喧嘩。服部恭太の生い立ちは壮絶です。

服部恭太の母親と父親は幼少期に離婚しました。売れない役者の父親を見て育った服部恭太は家族を養っていく決心をします。

母親と妹は自分が守っていきます。母親からも長男の服部恭太には期待していました。

服部恭太は家族の期待に答えようと勉学と部活に励みます。

服部恭太の生い立ち

努力の結果、服部恭太の高校時代は空手部主将で勉強も成績優秀だったので、周囲からパーフェクトヒューマンと呼ばれていました。

しかし、期待される生い立ちが服部恭太にとって逆にプレッシャーとなっていました。

服部恭太の生い立ち

生きづらさを感じてしまった服部恭太はストレスが原因で適応障害になってしまったのでしょう。

当時、服部恭太は「勉強が全て」だという洗脳を受けていて、勉強しかしていませんでした。勉強ばかりで友達を大切にすることをしていなかったので、1人も友達ができませんでした。

服部恭太の生い立ち「盗撮で逮捕」

服部恭太の生い立ちを調査すると服部恭太は発達障害やストレスにより適応障害になっていたことが示唆されました。

服部恭太は彼女と別れてからも友達ができず、人と話すことが苦手でした。

服部恭太の生い立ち

しかし、服部恭太も男です。次の彼女を欲していました。

服部恭太がネットカフェで働いていたときに気になる女性客がいました。しかし、彼女とも別れてしまい、友達が1人もいなかった服部恭太はコミュニケーション力の自信を失ってしまいました。

結果、気になっていた女性客に話しかけることができず、服部恭太は盗撮をしてしまいました。

服部恭太の高校「彼女と別れ放心状態に」

服部恭太には福岡魁誠高校時代に付き合っていた彼女がいました。彼女は福岡魁誠高校で空手部の主将をやりながら勉学もトップの服部恭太が素敵だったので、付き合ったのでしょう。

高校時代のプリクラ画像からも彼女が服部恭太のことをとても好きな様子が伝わってきます。

しかし、服部恭太の暴力がきっかけで彼女と服部恭太は別れることになりました。元々、男尊女卑の激しい福岡県。

服部恭太は俺様口調で彼女に言うことを聞かせようとしますが、時折、手を出してしまうときがありました。

彼女も耐えきれず服部恭太と別れることを決意。服部恭太は今でも彼女を忘れられずにいます。

服部恭太の生い立ち

服部恭太は、彼女とのラブラブ画像を4年経った現在もFacebookに残しています。彼女との別れを忘れきれず、放心状態になった服部恭太は無差別殺人を起こそうとしました。

そして、プリクラ画像は週刊誌に売られてしまいました。

服部恭太の生い立ち「仕事は優秀だった」

服部恭太の生い立ちを振り返ると高校時代は成績優秀でした。成績優秀な生い立ちだった服部恭太は就職後、職を転々としていますが、仕事ぶりは理解度が高く優秀だったと関係者の証言がありました。

服部恭太とネットカフェで仕事を一緒にしたことがあります。服部恭太は、入社して1週間でマニュアルを完璧にこなしていました。特にパソコン周りに詳しく、私も服部恭太によく頼っていたほどです。服部恭太は自分からコミュニケーションを取るタイプではなかったので派閥を作るというよりは一人で黙々と仕事をこなすタイプの人間だったように思えます。そのため、なかなか周囲とコミュニケーションを取るのが苦手だったために、すぐ退職してしまったのでもったいないと思っていました。

服部恭太の生い立ちについて色んな人から、優秀な人間だが、人間関係が苦手だったいったような証言が出ています。

服部恭太の生い立ちで特に父子関係が破綻してしまったことと彼女との別れが服部恭太を狂わせたのかもしれません。

3 COMMENTS

とおりすがり

憶測で容疑者を発達障害呼ばわりするのはどうかと思うし、根も葉もないデマを書くのは如何かと。発達障害=犯罪者予備軍であるのは事実ですがね 笑笑

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください