富士見市で殺人事件!吉留貴裕容疑者の顔画像は?犯行動機がヤバイ!

吉留貴裕容疑者の顔画像

2020年5月24日に埼玉県富士見市のマンションで、息子が両親を殺人する事件が発生したようです。

犯人はすでに出頭し、犯行について認めているようです。

今回は、吉留貴裕容疑者の顔画像、犯行動機について調べてみました。

スポンサーリンク

富士見市マンション夫婦殺人事件発生

2020年5月24日の読売新聞で報じられた事件の内容です。

24日午前5時55分頃、埼玉県富士見市のマンションに住む30歳代の男が「お父さんとお母さんを殺してしまいました」と県警東入間署に出頭した。

 約25分後、男のマンションに駆けつけた署員が、男女2人が室内で血を流して死亡しているのを確認。県警は、現場の状況などから殺人事件とみて、出頭した男から事情を聞いている。

 発表によると、死亡していた2人は、ともに60歳代の男の両親とみられる。この部屋で親子3人で暮らしていたという。

午前5時に出頭したとのことですので、寝ているの間の犯行かもしれません。

富士見市マンション夫婦殺人事件の犯行現場は?

犯行現場の住所は埼玉県富士見市ふじみ野西のマンションまで報じられています。

また、マンションについてはこちらのマンションのようです。

マンション名については既に大島てるの事故物件で見られるようですね。

 

富士見市殺人事件の犯行現場

近所の人の声は?

事件があったマンションに住む30代の女性は「けさ7時前からパトカーが来て騒がしくなりました。休校中で子どもが家にいるので事件が起きて怖いです。」話していた。

近所の人の証言から、就寝中を襲い、抵抗できない状態での犯行と推測できますね。

【顔画像】富士見市マンション夫婦殺人事件の吉留貴裕容疑者

吉留貴裕容疑者

富士見市マンション夫婦殺人事件の36歳犯人の名前は吉留貴裕容疑者。

吉留容疑者は無職だったとのことです。

吉留貴裕容疑者の犯行動機は?

吉留容疑者は犯行動機は、両親に人間扱いされていなかったことが関係していると思われます。

自宅に部屋はなく、廊下に布団を敷いて寝ていた。家では人間扱いされていないように感じた

また、

俺の親、おかしいんよ。自分たちが遊ぶのはいいのに、俺が家に友達を呼ぶのは嫌がるけん

両親への積年の憎しみによる犯行といえそうです。

近所の人の話によると、

「朝、近所のイオンに隣接する公園で2~3回話しかけられたことがあるのですが、言うことが支離滅裂だった。数日前は『また僕の話を聞いてください』と話していた」

支離滅裂な話をしていたということもありますので今後は責任能力の点も裁判の焦点となってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

ヤフーコメントのいいねが多いコメントについてまとめてみました。

詳しい事はわからないが、30代の息子と両親で、仲良く協力して暮らしてるなら、別に構わないが、この手の犯罪の場合、多くは無職の息子を親が養ってるのに、自尊心だけ高くて、無職を注意されたら、殺すパターンが多い。

この男が生まれたときの両親の気持ちを考えると切ない。

殺し方にもよりますが、二人殺すと言うことは普段から憎しみが募り、計画性はかなりあると読みます。
とっさに二人は殺せないと思います

状況から色々想像出来るし、それは想像でしか無いけど、少なくとも30代の息子と同居する親が息子に対して愛情を持っていたのは間違いなくその息子に殺される人生の終わり方って考えるだけで悲しくなる。願わくば寝てる間に気付かぬうちにであって欲しい。
60代ってさ、仕事もひと段落してさあこれから余生を夫婦でのんびりしようって タイミングだよ。悲し過ぎるよ。

10万円の給付金をやらんと言われて切れたのか。息子に殺される親の気持ちを思うとやりきれんな。子どもの成長と幸せを願って大きく育てたはずなのに。

これまで大切に育ててきた両親を殺してしまうなんて許せない、そんな意見が多かったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください