【南浦和駅】最高品質のコーヒーを味わえるカフェ『蘭豆(ランズ)』

肌寒いこの季節、カフェでホッとしたくなることはありませんか?

南浦和には駅から徒歩5分で世界各地のコーヒーを楽しめるカフェ『蘭豆(ランズ)』があります。

『どんなコーヒーがあるの?』

『雰囲気はどんな感じなの?』

『食べ物もあるの?』

そういうところが気になる方は必見です!!

スポンサーリンク

蘭豆(ランズ)の名前の由来は?どんなお店?

最初に店名が気になったって方は、いらっしゃるのではないでしょうか?

私も店名がスタイリッシュでかっこよかったので、これはぜったいに旨いコーヒーを淹れてくれるだろうとの期待で入店しました(笑)

 

店名の由来についてマスターに聞いたところ、

『江戸時代に長崎の出島とオランダ(略称すると蘭)との交易品であるコーヒー豆を和蘭豆って呼んでいたことに由来するそうです。

(ザビエルとか思い出したのは私だけでしょうか笑)

たしかにお店の雰囲気も西洋風でオシャレです。

西洋の貴族なった気分を味わえますよ!!

そして、一番驚いたのは、ぜんまい時計があるとこ。

なかなか令和になってこんな素敵なもの置いているカフェも

今は少ないのではないでしょうか?

ぜんまい時計の音とクラシックが癒し空間を作り出し、

優雅なひと時を過ごせる。そんなカフェでオススメですよ。

場所は?

東口を出て徒歩5分です。アクセス抜群ですね!

沿線からも少し離れていますので、電車の音も全く聞こえませんでしたので

落ち着いたところでコーヒーを味わいたいという方にはピッタリです。

店舗情報

店名 蘭豆(ランズ)
TEL 090-5431-4544
住所 さいたま市南区南浦和2丁目27-14
営業時間

月火水木金土:8:30~21:00

日・祝:8:30~19:00

定休日 
支払い方法 paypay可

混雑状況は?

私が訪問したのは日曜の14時頃でした。

カフェのピークタイムで混んでるかな?と心配しておりましたが、

空いておりました。

マスターに聞いてみたところ、

ランチタイム(12時台)を外せば空いてるとのこと。

コーヒーの種類は?

皆さん気になるコーヒー種類をご紹介致します。

・トウジャ(インドネシア スラヴェシ島) 560円

・サン・クリストバル(グアテマラ)    530円

・マンデリン(インドネシア スマトラ島) 480円

・キリマンジャロ(タンザニア)      480円

・ラゴア(ブラジル)           480円

※税別

こちらは固定メニューとなっております。

原産国を見ると全てコーヒーの本場から仕入れております。

コーヒーにも品質があり、全てのコーヒーが最高品質を受賞。

(カップ・オブ・エクセレンスと呼ばれる、20ヵ国の国際審査員の審査があるとのこと)

※現在、日本のスーパー等で購入できるもののほとんどが品質より価格を重視されており

専門店でないと最高品質のコーヒーの入手は難しいと言ってました。

この他にも写真にあるように、月変わりで希少なコーヒー豆を仕入れています。

そして、今回私が頂いたのはマンデリン

まろやかな苦みとコクなので、

酸味が苦手って方にもオススメです。

種類がたくさんあるので、悩んだらマスターに聞くのがオススメです。

とにかくコーヒーに詳しいですし、分かりやすく説明してくれます。

量り売りもあります

なんとお家でも世界の色々なコーヒーを楽しめます!!

ちなみに1日と15日はサービスデーとなっており、2割増量です。

食べ物はあるの?

コーヒーと一緒に何か食べたいと思ったあなた。

安心してください!!

食べ物もたくさんあってどれも絶品です!!

サンドイッチ等の軽食の他、

チーズケーキ、アップルパイ等の甘いものもあります。

 

今回、私が頂いたのはアップルパイです(360円)税別

 

なかなか手作りのアップルパイを提供できるカフェって少ないですよね?

『蘭豆』は、マスターが目の前で作ってくれます。

パン屋さんだと窯で作るところが多いと思いますが、

フライパンで作ってくれるので、香りや焼いてるジューって感じも楽しめますよ!

できたてあつあつサクサクでとても美味しかったです!!

スポンサーリンク

まとめ

今日はコーヒー好きにはたまらないオシャレなカフェ『蘭豆(ランズ)』について紹介させて頂きました。

皆さんも最高品質のコーヒーを味わってみてください!!

この記事を最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください