佐藤翔一のインスタ顔画像が判明「小太りぽっちゃりか」宇佐市強盗殺人事件

大分県宇佐市安心院(あじむ)町荘で郵便配達員と母親を強盗殺人したとして逮捕された佐藤翔一。さとうしょういちの顔画像を調査。佐藤しょういちのインスタ顔画像も併せて調査。

佐藤翔一のインスタ顔画像が判明

佐藤翔一のインスタ顔画像について調査していきます。「佐藤翔一」で検索すると20件ほどinstagramのアカウントが見つかりました。

顔画像が載っているインスタグラムに絞って確認していきます。男性の佐藤しょういちのインスタ顔画像は3件ありました。

大分県宇佐市安心院(あじむ)町荘で郵便配達員と母親を強盗殺人したとして逮捕された佐藤翔一のインスタアカウントを一つ一つ特定していきます。

1番目の佐藤翔一は横顔の男性。強盗殺人で逮捕された佐藤翔一は32歳と報道されています。

佐藤翔一のインスタ

インスタの佐藤翔一はかなり若いので別人と断定します。

2番目の佐藤翔一はグルメ好きで強盗殺人で逮捕された佐藤翔一と同世代くらいに見えます。

佐藤翔一のインスタ

本人かどうか断定できないためインスタ投稿内容を確認していきます。

雪が積もっている投稿がありました。宇佐市はほとんど積雪はないので別人と断定します。

佐藤翔一のインスタ

3番目のさとうしょういちのインスタは帽子を被った少しヤンチャそうな男性でした。

佐藤翔一のインスタ

佐藤翔一は2年間逃亡していました。強盗殺人事件で逃亡をした容疑者といえば「小太りぽっちゃり男」の冨田幸誠容疑者。

佐藤翔一の顔画像

富田幸誠も男性を刃物で刺し現金を奪い、広島県から逃亡していました。

指名手配され、7日後に逮捕されました。佐藤翔一は同じ大分県に住所がありながら何食わぬ顔で生活していました。

(追記)佐藤翔一の顔画像が公開されました。DeepNewsの報道通り「小太りぽっちゃり」な顔画像でした。

大人サイズのマスクでも顔が収まっていませんのでぽっちゃり確定です。

身長も隣の警察官に比べて一回り小さく見えます。

佐藤翔一の顔画像

佐藤翔一の会社「訪問委託会社と爆サイで暴露か」

佐藤翔一は逮捕時、会社員だったと報道されています。

一応、肩書きは会社員やけど訪問のチンピラ委託職員みたいな奴で前持って狙ってたんじゃないか?
田舎の方は情報に疎い地域もあるため、訪問営業が多いと聞きます。
佐藤翔一は、山名さん宅が豪邸なのを知っていたので金目的で侵入したのかもしれません。
宇佐市強盗殺人の犯行現場
山名さん自宅は路地に入ったところにあるため、強盗が入っても周囲に気付かれにくいでしょう。
佐藤翔一は、山名さんの全てを知った上で計画的に犯行をしたことでしょう。
佐藤翔一の会社
当時の報道で一人が複数の足跡を付けて偽装工作してるって言われてましたよ
複数の履物を準備していたということか。
用意周到だな。
(追記)佐藤翔一の会社は中津市内の自動車工場と報道されました。中津市内の自動車工場といえばダイハツ九州となります。
ダイハツ九州からは現在のところ社員の逮捕については報道されていません。

(追記)佐藤翔一の犯行動機「パチンカスで金に困っていたか」

田舎の娯楽はパチンコをする方が多いです。実際に宇佐市だけでも10以上のパチンコ屋さんがあります。

佐藤翔一は転勤で宇佐に来て、やることがなくパチンコにハマっていました。

佐藤って東日本の名字だろ
どうせ地方に飛ばされた個人営業とかだろ

佐藤翔一が稼いでいたのも最初のうち。来る日も来る日も台パンする日々が続いて挙げ句の果てには消費者金融に手を伸ばすようになりました。

佐藤翔一は催促に怯えていました。そこで強盗を考えます。

山名さんの豪邸を見つけると、雑木林で囲まれていて周囲に気づかれにくい、田舎なので施錠されていないということに気づきます。

留守を見計らって、侵入したところ山名さんと遭遇してしまいました。

証拠隠滅のため殺害し、足跡までいくつもつける用意周到ぶりな犯行を成し遂げました。

佐藤翔一の住所

佐藤翔一の住所が報道されました。

佐藤翔一住所:大分県大分市緑が丘1丁目

強盗殺人事件のあった大分県宇佐市安心院町荘から佐藤翔一の自宅住所の大分県大分市緑が丘1丁目までは車で1時間ほどかかります。

わざわざ1時間かけて犯行に向かうことはないでしょうから、強盗殺人の事件当時、佐藤翔一は被害者の近所に住んでいたのではないでしょうか。

佐藤翔一の住所

事件当時は宇佐に住んでたってニュースで言ってた。
地元は宇佐っぽい

佐藤翔一の住所

佐藤翔一の宇佐市強盗殺人事件の概要

大分県宇佐市安心院(あじむ)町荘の民家で昨年2月、住人の郵便配達員山名博之さん(当時51歳)と母親の高子さん(当時79歳)が殺害された事件で、同県警は15日、大分市緑が丘1、会社員佐藤翔一容疑者(36)を強盗殺人容疑で逮捕した。

発表によると、佐藤容疑者は昨年2月2日、山名さん方で、刃物のようなもので2人の首を突き刺すなどして殺害し、現金数万円を奪った疑い。引用:読売新聞

佐藤翔一の宇佐市強盗殺人事件の概要です。

・佐藤翔一は2020年2月2日に大分県宇佐市安心院の民家に強盗目的で侵入。

・住人の郵便配達員の山名さんと母親を殺害。

・佐藤翔一は現金数万円を奪い逃走。

・遺体近くには3種類以上の土足が残っていて、当初は複数犯だと思われていた。

・携帯電話・財布は残されていた。

・引き出しを物色された形跡もなかった。

・佐藤翔一は強盗殺人の認否について明らかにしていない。

(追記)佐藤翔一の家族「涙が止まらず」

佐藤翔一は妻と子供3人で暮らしていたと報道されています。

佐藤翔一は家族持ちで宇佐市から現在は大分市の緑が丘に住んでいました。

緑が丘は住宅街が多い地域なので佐藤翔一は緑が丘に一軒家を建てたのでしょう。

32歳で持ち家あり、家族5人となれば自動車工場の期間工ではないでしょう。自動車メーカーのエリート社員だったことでしょう。

周りから見れば誰もが羨む家族像です。しかし、佐藤翔一のせいで家族の状況は一変しました。

子どもはまだ小さいことでしょうから、パパが急に帰っていなくなって「ぎゃん泣き」しています。

パパが強盗した、そんなこと言えるはずもありません。一生背負って生きていかなければいけません。

ママはマスコミの取材攻勢でぶっ倒れていることでしょう。もう豪邸の一軒家には住むことができなくなります。

佐藤翔一は家族の人生もぶっ壊してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください