佐藤次守(つぎもり)のFacebook顔画像が判明「目がうつろ」横浜市戸塚区4人死傷事件

佐藤次守のFacebook顔画像

横浜市戸塚区でバス停に車が突っ込んでいて4人が死傷した事件。車を運転していた佐藤次守が逮捕されました。佐藤次守(さとうつぎもり)のFacebook顔画像を調査していきます。佐藤つぎもりのフェイスブック顔画像を調査したところ目がうつろと判明。車の車種、自宅についても調査。

【関連記事】

阿部颯希のインスタ「キャピキャピな大学生」仙台市窃盗事件

福地祐翔の顔画像「雰囲気イケメン」登別市職員ひき逃げ事件

阿部晃太さん顔画像「色白イケメン」道頓堀飛び込み事件

梅田希羅梨の顔画像「パリピ女子」志摩市看護師暴行

久木山佳代のインスタ「アプリで虐待加工」宇治田原町事件

十四山中学校の殺人加害者実名N◯はデマ

伊藤柚輝さんいじめはデマ「爆サイ民暴露」

関口寿喜の顔画像「イキリヤンキー」歌舞伎町ビル殺害事件

佐藤次守(つぎもり)のFacebook顔画像が判明「目がうつろ」

佐藤次守のFacebook顔画像を調査していきます。佐藤次守でフェイスブックを調査したところ2件の検索結果がありました。

2件の内、横浜市戸塚区でバス停に車で突っ込んで4人が死傷させた佐藤つぎもりのフェイスブック顔画像を特定していきます。

1番目の佐藤次守のフェイスブック顔画像は、老人の男性の顔画像となっています。

佐藤次守のFacebook顔画像

本人の可能性があるため、フェイスブック基本データの住所情報を確認していきます。Facebookの住所は埼玉県の川口市となっています。

佐藤次守のFacebook顔画像

逮捕された、さとうつぎもりは東京都足立区と報道されていますので情報が一致しません。

念の為、佐藤次守のFacebook友達情報も確認していきますが、東京都足立区在住の友達はいなかったため別人のFacebook顔画像と考えられます。

佐藤次守のFacebook顔画像

2番目の佐藤つぎもりのフェイスブック顔画像は、更新されていません。

佐藤次守のFacebook顔画像

佐藤次守のFacebook基本データも更新されていません。

さとうつぎもりのフェイスブック友達情報を確認すると、1番目のフェイスブックと同じ名前のFacebook友達のため、同一人物の複数アカウントと判明しました。

佐藤次守のFacebook顔画像

佐藤次守の顔画像については現在、公開されていません。

事件現場にいた関係者によると佐藤次守の事件直後の顔は目がウツロだったと証言されていました。

佐藤次守は警察に事情を聞かれたときに何も説明できなかった。立ってられないような様子だった。

佐藤次守と同じように高齢者の運転誤りによる事故は多発しています。

大阪市狭山市のスーパーで3人死傷事故を起こした。横山孝も逮捕当時は呆然として顔面蒼白な顔をしていました。

佐藤次守のFacebook顔画像

まさか自分が事故を起こすとは思ってもいなかったのでしょう。

別記事ではこの加害車両が思いっきり斜めに駐車してテールレンズは割れ、リヤバンパーをガムテープで止めてる映像があった。よほど粗暴な運転をしてたか認知機能に問題があったように思う。
俺も以前前後バンパーやサイドも傷ヘコミだらけ、ドアミラーのカウルもなく鏡面が剥き出しの車を見かけたことがある。
乗ってたのはヨボヨボのおじいちゃん。何度か見かけるたびに不安になってたが、あるとき食堂の駐車場にバックで駐車してたら後ろにあった灯油のホームタンクにぶつけてた。
その後修理したのかドアミラーもきれいに直っててまだ乗る気なのかとあっけに取られた。
このごろは見かけないので運転から退いたと信じたい。

佐藤次守の自宅「要塞みたいな豪邸か」

佐藤次守の自宅について調査していきます。佐藤次守の自宅住所は東京都足立区東伊興3丁目とまでしか報道されていません。

佐藤次守の自宅

佐藤次守の自宅住所の足立区東伊興3丁目は竹ノ塚駅から徒歩10分程度のところにあり、立地もよく、地価も高いため、飯塚幸三のような豪邸に住んでいたのではないかと考えれます。

佐藤次守の自宅

飯塚幸三の自宅は東京都板橋区にあり、マンションの価格は4500万円と言われていました。

佐藤次守は70歳を越えているにも関わらず会社員をしていました。本来であれば既に仕事を引退している年齢ですが、会社員をしていたということは役員など重役を任せられていたと考えられます。飯塚幸三と同じくお金持ちだったのではないでしょうか。

佐藤次守(つぎもり)の車の車種「ボンゴバン」

佐藤次守が運転していた車の車種は事件の報道画像より、マツダのボンゴバンと考えれます。

プリウスじゃないよ
マツダのボンゴだよ

佐藤次守の車種

佐藤次守の車種

ボンゴバンは新車で200万円で中古車で150万円くらいの値段で、商用車としては比較的安いです

商用車のため、佐藤次守は仕事用に使っていたと思われますが、70歳を越えて商用車を運転するのはよほど運転に自信がないと危険です。

さっきNHKニュースで映像来てたが、バス停曲がってたよ
どんなスピードで突っ込んだんだよ
そりゃ轢かれたら死ぬよ

佐藤次守(つぎもり)のフェイスブック顔画像「削除したか」

佐藤次守のフェイスブック顔画像について平仮名でも検索していきます。

さとうつぎもりでFacebook顔画像を調査しましたが、別人のフェイスブックしかありませんでした。

佐藤次守のFacebook顔画像

飯塚幸三は事件発覚後、息子に指示してFacebookの削除を指示したと言われています。

佐藤次守のFacebook顔画像

さとうつぎもりも現役の会社員ということもあり、自身の会社が特定されないように、知人に依頼してフェイスブックを既に削除したのかもしれません。

(追記)佐藤次守の顔画像が公開「ヨボヨボじいさん」

佐藤次守の顔画像が公開されました。

佐藤次守の顔画像

佐藤次守の顔はヨボヨボじいさんのような顔をしていました。

今時の71才にしては、ずいぶん老けて見えるな

さとうつぎもりの職業は内装業ということで判明しましたがガリガリなやせ細った佐藤次守にそんな体力があるとは思えません。

ボンゴバンのような大型車を運転する筋力もなさそうな見た目をしています。佐藤次守は、よぼよぼになりながらも仕事をしなければいけなかったのは何かしらの理由があるに違いありません。

足立区に買った自宅のローンに苦しんでいたのかもしれません。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください