【顔画像】新庄剛志の姉の現在は?難病の病名はALSで重症化してる?

【顔画像】新庄剛志の姉が美人

2020年4月16日放送の「直撃!シンソウ坂上SP」に元プロ野球選手の新庄剛志さんが出演されます。

新庄剛志さんは、今回の密着取材の一部として、「姉の難病」についても語る予定です。

今回は、新庄剛志さんの姉が美人なので画像を紹介していきます。

また、姉の難病の病名はALSではないか、そして、現在の病状はどうなのか考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

【顔画像】新庄剛志の姉が美人

 【顔画像】新庄剛志の姉が美人

新庄剛志さんの姉が美人です。

新庄剛志さんの姉は2歳年上ですので、2020年現在は50歳だと思います。

目鼻立ちがはっきりしており、新庄剛志さんにとても似ていますね。

新庄剛志さんは高校から寮生活ですので、それまでは一緒に暮らしていたのではないかと思います。

番組で、姉の話をするくらいで、相当仲が良いのではないかと思います。

仲良しエピソードについても紹介します。

上記は、新庄剛志さんが幼い頃に姉と一緒によく行っていたラーメン屋のようです。

このラーメン屋で二人仲良く分けて食べていたことからも、仲の良い兄弟であることがよく分かります。

新庄剛志さんの姉も美人ですが、新庄さんの愛犬のラナちゃんも可愛いので以下の記事も紹介します。

新庄剛志の愛犬ラナの可愛い画像まとめ!犬種はポメラニアン!

スポンサーリンク

新庄剛志の姉の難病の病名はALS(筋萎縮性側索硬化症)?

新庄剛志の姉の難病の病名はALS(筋萎縮性側索硬化症)

新庄剛志さんの姉の難病の病名はALS(筋萎縮性側索硬化症)かもしれません。

番組内で新庄剛志さんは姉の病気の特徴について以下のように話しておりました。

・体が小さくなる。

・動くと筋肉が収縮する。

・肌が黒くなる

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の特徴と似ている部分があるので新庄さんの姉の病気はALSの可能性があります。

ALSの特徴が以下です。

・筋肉がやせて小さくなる

・歩行困難になる

・進行すると自身で呼吸することも難しくなり、会話も困難になる

・50~60代での発症が多い

ALSは厚生労働省が指定する指定難病になっており、10万人あたり5人程度の有病率です。

治療法が確立されてない病気であり、症状の進行を遅くするしかない難病となっています。

スポンサーリンク

新庄剛志の姉の難病の現在の病状は重症?

新庄剛志の姉の難病の現在の病状は重症?

新庄剛志さんの姉の難病の現在の病状は重症かもしれません。

番組内で、久しぶりに会った姉の病状にビックリしたと話していました。

95歳みたいな体になっていて、歩くことが難しいと話していましたので、車椅子で移動されているのかもしれません。

ALSであれば、自発呼吸が、発症から最短で2年、最長で5年で、できなくなると言われています。

新庄さんの「姉は現在、95歳みたいな体」という表現は、相当重症化が進んでいる発言だと考えられますね。

また、新庄さんのプロ野球復帰を目指している理由は、病気の姉に野球を見せたいとの思いも番組内で明らかになりましたね。

某球団に入団を直談判したところ、2日で断られたそうですが、お姉ちゃんも今後の復帰を期待しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

【顔画像】新庄剛志の姉が美人!難病の病名はALS?現在の病状は重症?についてのまとめ

今回は、新庄剛志の姉が美人!難病の病名はALS?現在の病状は重症?について紹介してきました。

・新庄剛志の姉が美人

・新庄剛志の姉の難病の病名はALSかもしれない。

・新庄剛志の姉の現在の病状は重症かもしれない。

以上です。

番組で情報あれば更新していきます。

スポンサーリンク

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください